二日酔いにはどんな症状があるの?

二日酔いになると、吐き気を催したり、頭痛に悩まされるといった症状が代表的です。この他にも、腹痛で下痢になってしまったり、倦怠感を感じたりしてしまう、めまいを感じる、水分不足になるなどといった症状もあります。

いずれの症状にしても、体に不調をきたしてしまいます。二日酔いでどのような症状が出るのかというのは、お酒の種類によって大きく異なることになります。

どうしてお酒の種類によって、二日酔いの症状も変わってくるのかというと、お酒の造り方やアルコール度数などが違っているからです。

蒸留酒と醸造酒の場合、製法も違えば、使われている成分も何もかも違っています。また、同じお酒でも、その人に合う合わないというものもあります。例えば日本酒をいくら飲んでも酔わないという人がワインを少し飲んだだけでも悪酔いをしてしまったり、反対にワインは酔わないけど、日本酒はすぐに酔ってしまう人もいます。

このようにお酒でもその人によって、随分と酔い方というのは違っているものですし、症状も異なることになるのです。人種によっても、得意なお酒と苦手なお酒がありますし、DNAによっても異なっています。

特に日本人というのは、お酒に弱い人が多いといわれており、反対に白人はお酒に強い人が多いといわれています。いずれにしても、飲みすぎてしまったら二日酔いになってしまい、後で苦しい思いをしなくてはならなくなってしまいますから、二日酔いにならない程度にお酒を飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>