どんな人が二日酔いになりやすいの?

二日酔いになりにくい人もいれば、反対に二日酔いになりやすい人もいます。ではどのような人が二日酔いになりやすいのでしょうか?

二日酔いになりやすい人は、アセトアルデヒト脱水素酵素といわれる肝臓でアルコール分解をつかさどっている成分が作用しにくい人となっています。白人だったり黒人というのは、活発にアセトアルデヒト脱水酵素が分泌されていて、二日酔いになりにくい人が多いとされているのですが、黄色人種である日本人というのは、分泌されにくいため、二日酔いになる人が多いのだそうです。

また日本人全員が二日酔いになりやすいというわけではなく、その人の体質によって分泌量というのは違っているものです。少しお酒を口にしただけでも泥酔をしてしまう人もいますし、相当お酒を飲んで、その日は酔いつぶれてしまっても、次の日には全然お酒が残らないという人もいるのです。

肝臓が強い人は、二日酔いになりにくいですし、反対に肝臓の働きが弱い人は二日酔いになりやすいということになります。

また、お酒を少し飲んだだけでも、顔がすぐに赤くなってしまうという人もいるのですが、顔がすぐに赤くなる人も注意が必要となります。顔が赤くなってしまう人も、アセトアルデヒト脱水素酵素の働きが弱いということになり、肝臓が弱いと言う事です。

顔が赤くなっているということは、アルコールに弱い、または受け付けていないという信号となっているのですから、無視をしてしまうのは危険なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>