二日酔いの予防対策について

二日酔いになりにくくするための予防方法についてお話をしていきます。予防をすることによって、お酒を飲んでも二日酔いになりにくくすることができるようになります。

二日酔い予防をするために、胃の粘膜を守るようにしてください。お酒を飲む少し前に、たんぱく質などを摂取するようにして、胃に膜を作るようにしましょう。特に豆にはタンパク質が豊富に含まれているので、大豆などを口にしておくといいでしょう。

これは胃からのアルコール摂取を防ぐだけではなく、酵素の効果も高くなるため、アルコールを早く分解することができるようになります。

お酒を飲む前に何か食べることができないのであれば、最初に居酒屋で注文をするときに、お酒と一緒に豆類が含まれている料理を注文するといいでしょう。この他にも、肝臓の機能を高められる効果があるウコンを飲むようにしておけば、分解しやすくなります。

さらに胃薬やサプリメントを事前に飲んでおいて、胃や肝臓の働きを向上させるようにするのも、二日酔いの予防効果を得ることができるでしょう。ビタミンCが含まれているオレンジなどといった果物を食べることによって、アルコールの分解をする役割を持っているアセトアルデヒドの効果を高めることができるようになります。

さらにメチオニンという成分が、焼き鳥などに豊富に含まれているのですが、この成分は酔いが回りにくい効果があるので、居酒屋で焼き鳥を食べるようにしてみてください。

ただし、いくら予防をしたとしても、お酒を飲みすぎてしまうと処理能力の許容範囲を超えることになります。ですから、二日酔い予防をしたとしても、お酒は飲みすぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>